作 :渡辺 えり(演劇部本科25期)
演出:鵜山 仁 (演劇部本科27期)

◆ 作・演出プロフィール

watanabe_eri渡辺 えり
舞台芸術学院、青俳演出部を経て、1978年から「劇団3○○」を20年間主催。
劇作家、演出家、女優として、また歌手として舞台、映像、マスコミのジャンルを問わず活躍。
1983年「ゲゲゲのげ」で岸田戯曲賞、1987年「瞼の女 まだ見ぬ海からの手紙」で紀伊国屋演劇賞、1996年「shall we ダンス?」にて報知映画賞助演女優賞、日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞など、数々の受賞歴がある。
2007年 渡辺えり子から「渡辺えり」と改名。


uyama_hitosi鵜山 仁
慶応義塾大学フランス文学科卒業。舞台芸術学院を経て文学座附属研究員に入所、劇団員に。83年から1年間、文化庁派遣芸術家在外研修員としてパリに滞在。
2007年9月より新国立劇場演劇芸術監督。1989年芸術選奨文部大臣賞受賞。99年『おばかさんの夕食会』『夢の島イニシュマーン』の演出で第2回毎日芸術賞千田是也賞を受賞。
2001年新国立劇場『コペンハーゲン』などで紀伊国屋演劇賞個人賞と読売演劇大賞優秀演出家賞受賞。
03年『ニュルンベルグ裁判』(ひょうご舞台芸術)などにより読売演劇大賞の大賞・最優秀演出家賞、07年『ゆれる車の音』(文学座)などにより読売演劇大賞優秀演出家賞、09年『オットーと呼ばれる日本人』『舞台は夢』(新国立劇場)などにより読売演劇大賞優秀演出家賞、10年『ヘンリー六世』(新国立劇場により読売演劇大賞最優秀演出家賞、芸術選奨文部大臣賞を受賞。

美術 池田ともゆき(学院特別講師)
照明 立川直也(学院特別講師)
音響 山北史朗(学院特別講師)
衣裳 原まさみ
舞台監督 松井晶彦(演劇部本科27期)
演出助手 千田恵子(演劇部本科51期)
票券協力 横田みはる(演劇部本科32期)

制作   小林真(ミュージカル部本科1期)
中進(演劇部本科28期)
製作 60周年記念事業実行委員会
提携 東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)