授業内容

1. Voice training & Recitation

2 . Physical training

3. Play

ヴォイストレーニング・レシテーションとは、声の訓練のことです。
先ず大切なのは呼吸、そして観客にきちんと伝わる声を出せるように。様々なシチュエーションに対し、的確な声を出せるように。また音(音楽)や映像に対して的確な声をだせるように。といった声のコントロールを体得するために行われます。

 

フィジカルトレーニングとは、身体の訓練のことです。
イメージを身体に伝える、舞踊表現の基礎を身につける、音(音楽)に対する感性を養う、というふうに身体能力を高めるために行います。

 

プレイとは演じるということです。
様々なジャンルでの表現の在り方・演じ方を舞台上で体験することで演じることの可能性や拡がりというものを体験していきます。

4. Lecture

5. Special Lecture

 

舞台人として必要な基本的な知識を、講義を通じて身につけていきます。加えて、卒業後の現場で具体的な対応が出来るようにそうした場を想定しての指 導も行われます。また、表現者であると同時に自立した社会人となれるよう、現代社会を考察するカリキュラムも用意されています。

 

様々なアートの現場で活躍する専門家、そして舞芸を巣立った先輩俳優たちを招いての特別講座です。貴重なアドバイスが得られるスペシャルレクチャーとして用意されます。

 

 

授業科目

ヴォイストレーニング… 呼吸・発声・ミュージカル歌唱
レシテーション・アフレコ実習… せりふ術・ナレーション・アフレコ
フィジカルトレーニング… バレエ・ジャズダンス・シアターダンス・ストリートダンスほか
伝統芸能 狂言・地唄舞
上演実習… モノローグ・ダイヤローグ・グループクリエーション作品の発表を目的とした取り組み全般
レクチャー 演劇史・演劇概論 ほか

 

※ 平成27年度 特別講座

解剖学的アプローチ 
けがをしない身体の使い方
河西一幸
(アート&スポーツKASAI鍼灸マッサージ師)
照明論 立川直也(照明家)
音響論 山北史朗(音響家)
舞台美術論 池田ともゆき(舞台美術家)
メイク 和田弘明(トータルビューティーアーティスト)
公演に向けた
実践的制作論
飯田亜弓(有限会社ぷれいす代表)

※ 授業時間は1コマ70分。
※ 内容は諸処の事情により変更になる場合があります。