「プロローグ」

monument photo01monument photo02

1948年、焼け跡の残る東京・池袋。
すべてはここから始まりました。

演劇を志したひとりの青年、野尻徹。
彼は幸運にも復員し、池袋で演劇活動の拠点、
「スタジオ・デ・ザール」を開設しました。
しかしその志半ば、彼は27歳でこの世を去ります。
彼の演劇への「思い」はここで潰えたようにみえました。

しかし、彼のあまりにも早い死を悲しんだ
父、与顕は息子の遺志継承を願います。

「地に落ちた一粒の麦、徹死して幾百幾千の
舞台人となって実るであろう事を」

1948年9月13日、与顕は焼け跡の残る東京・池袋に
演劇を渇望した息子、徹の遺志を継ぐべく、
私財を投じ、若者が演劇に打ち込むための場
「舞台芸術学院」を創立しました。

以来、半世紀以上の年月が流れ、
息子から父へと継承された「思い」=「一粒の麦」は、
俳優、声優、歌手、ダンサー、演出家、劇作家…
わが国の文化芸術を支える
幾百幾千のアーティストとなって実りました。

かつて交わされた一組の親子の誓い。
「思い」を受けとめ、願い、育む。
すべてはここから始まり、
そして今も受け継がれています。

 

「1万5千人を超える卒業生」

演劇、ミュージカルはもとより、声優、歌手、ダンサー、コメディアンまた
劇作家、映画監督、プロデューサーなどさまざまな人材を輩出しています。

赤堀二英、あらい汎、いとうあさこ、市村正規、五木寛之、乾アキオ、牛山茂
鵜山仁、うつみ宮土里、大倉孝二、大岩美智子、小椋毅、甲斐まり恵、柿澤勇人、
葛タカ女、金井大、金内喜久雄、金房実加、上条恒彦、伽藍琳、鬼頭典子、木野花、
さけもとあきら、佐藤祐四、少路勇介、末木利文、鈴木智香子、鈴木れい子、神保共子、田中彰孝、
竹本敏彰、田村孝裕、辻谷耕史、団こと葉、新田知洋、羽佐間道夫、濱田めぐみ、東秀昭、平岩紙、
広渡常敏、福井晶一、古屋治男、ベンガル、細野英延、蓬莱竜太、本田誠人、前田司郎、麿赤児、
もたいまさこ、役所広司、矢崎滋、山田洋次、吉野寧浩、李麗仙、渡辺えり、我善導
(敬称略)ほか多数